ワンポイント・アドバイス

【生命保険は財産】

今のあなたにとって療養は大した問題ではないかもしれません。

しかし、将来お金が問題となることがあります。

あるいはご家族に時間と仕事の両面で負担をかけることもあります。

もしご家族の誰かが仕事を辞めたり長期休暇を取らなければならないとき大きな負担が掛かります。

そして治療が続けられ、治療合併症や再発転移のとき、その治療費は増大します。

<備える>
身の周りのどこに福祉窓口があり、どのような公的なサービスが受けられるのかを事前に調べておきましょう。

そして生命保険も上記解決のための有効な策(財産)であることを理解しましょう。

【STOP解約】

もしあなたの治療費やその他の支払い請求額が、あなたの支払い能力を超えるとき、その時はパニックに陥らないで下さい。

<対処策>

医療機関や債権者に対して返済期限を延ばすか、毎月の返済額を減すように働きかけて下さい。

そして生命保険を継続できるよう努力してみてください。

【就労と生命保険】

もし闘病中のあなたが仕事を替えたい、もしくは替えざるを得ないと思っているとしたら、あなたにとって生命保険が重要であることを充分に考慮して下さい。

そして将来 特約保険金の支払事由に該当することが判るまで、生命保険を解約しないで下さい。

 

私共へ相談に来られたCさんからのメールを紹介いたします。

いろいろと本当にありがとうございました。

お陰さまで今試している抗がん剤も効いているらしく、背中の痛みがずっと楽になってます。

このまま当分の間は保ちそうな感じで、とても嬉しいです。

貴社のお仕事、誰もやっていない事なので、これからも困難は続くと思いますが、どうぞ信念をもってやり遂げてください。

成功を心からお祈りしてます。